禁煙外来

当院の禁煙外来は予約制です。
木曜日の午後(14:00~16:30)が受付時間です。

担当

山越 志保医師(呼吸器専門医、日本禁煙学会会員)
杉田裕子看護師(お問い合わせは杉田まで)

禁煙は専門家にお任せください

禁煙したいのにやめられない。おひとりで悩む前に専門家にご相談ください。禁煙外来メリットをご紹介いたします。

喫煙者の70パーセントはニコチン依存症

タバコをやめられないのは、意志の弱さではなく、ニコチンの強い依存症が原因です。このような喫煙習慣は「ニコチン依存症」といわれ、治療が必要な病気とされています。

一定の要件を満たせば、禁煙治療には健康保険が適用され、自己負担が軽くなります。

医師、看護師のアドバイスと内服による治療

禁煙外来では、禁煙の治療薬を飲みながら適切なアドバイスを受けられるため、禁煙の成功率が高まります。内服薬によりニコチン切れの症状が軽くなり、タバコをおいしいと感じにくくするため、楽に禁煙できます。

健康保険等による禁煙治療

一定の要件を満たせば、禁煙治療には健康保険が適用され、自己負担が軽くなります。

飲む禁煙治療薬チャンピックス

飲み薬を使った禁煙治療のメリット
  • 健康保険が適用される
  • 飲むだけで症状を軽くする
  • タバコをおいしいと感じにくくする
  • ニコチンガムやパッチより成功率が高い
内服薬(チャンピックス)について

一日2回、朝夕食後に内服します。
最初の1週間はタバコを吸いながら、薬を増やして体を慣らして、8日目から完全に禁煙を開始します。
主な副作用は嘔吐、不眠、頭痛、便秘、腹部膨張感、腹痛などです。

気になる費用は

健康保険が適用された場合、3ヶ月分の飲み薬を含めた自己負担金は、17,000円
1ヵ月あたりの自己負担は5,600円となり、タバコ代1ヶ月分より安上がりになります。

ページトップへ