主な疾患

  1. ホーム
  2. 主な疾患
  3. 高血圧

高血圧

高血圧とは

心臓から送り出された血圧が、血管に与える圧力を血圧といいます。心臓が縮んだ時の血圧(収縮期血圧=上の血圧)と心臓が膨らんだ時の血圧(拡張期圧=下の血圧)の二つがあります。高血圧とは、この血圧が正常より高い状態が持続する疾患です。

高血圧の自覚症状

高血圧の方の自覚症状は、ほとんどありません。肩や首の重い感じや頭痛などを自覚することもあります。重症になると、動悸や胸痛、呼吸困難などを自覚することもあります。

高血圧の血圧値

診察室で測定した血圧で、収縮期圧140 mmHgまたは拡張期圧90mmHg以上を高血圧といいます。
家庭で測定した場合、収縮期圧135 mmHgまたは拡張期圧85 mmHg以上を高血圧といいます。

高血圧の原因

高血圧の約90%は原因不明の本態性高血圧です。遺伝的に高血圧の体質がある方に、加齢の要素が加わると発症する頻度が高くなります。食塩の過剰摂取、肥満、アルコール多飲、ストレスなどの生活環境の因子が影響して発症します。

高血圧を放置した場合の問題

高血圧が続くと、血管が高い血圧に堪えるために、血管の壁が固く厚くなり、動脈硬化を起こします。心臓にも負担が強くなり、心臓が肥大し、最終的には心不全という心臓のポンプ機能が低下して生命を脅かす状態になることもあります。
また、動脈硬化が進んだ結果、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、腎不全などの、生死にかかわる危険な疾患を発症することもあります。例えば、脳卒中の発症率は、高血圧になると2倍以上になることが知られてます。
高血圧の怖いところは、突然、重篤な心血管疾患を発症するまで、軽視しがちなことです。高血圧は、症状のないままに進行し、命を脅かすことから「サイレント・キラー(沈黙の殺し屋)」と言われています。 

高血圧治療の目的

高血圧を治療することの目的は、高血圧によって引き起こされる心臓病や脳卒中などの疾患を、未然に防ぐことです。心血管疾患を予防するには、正常な血圧を維持すると同時に、禁煙する、過剰な飲酒を控える、肥満を解消する、糖尿病のコントロールを良好にすることが必要です。

高血圧の治療

1.食事療法

高血圧の食事療法のポイントは、第一に塩分を控えることが重症です。1日の食塩摂取量を6g未満としましょう。食品に含まれる塩分は、食品のラベルに記載されていることもありますし、インターネットなどで調べるとすぐに出てきます。食塩に含まれる「ナトリウム」で、塩分の表示がされている食品もあります。ナトリウムの表示量を2.54倍した数字が、食塩の含有量になりますので、換算してください。
食塩 (g) = ナトリウム (g) × 2.54 (mgの場合は、1000分の1にする)
また、野菜や果物には、塩分を体から排出する働きのあるカリウムが多く含まれているため、たくさん食べるように心がけてください。ただし、果物の食べ過ぎは、カロリーの増加につながるため、適量を心掛けてください。
血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、動脈硬化を悪化させるため、卵や肉、乳製品は控えめにしてください。一方、魚の油(EPAやDHA)は、動脈硬化を抑える働きが知られています。

2.運動療法

適切な運動は、血圧を下げるだけでなく、肥満を解消させ、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを改善させます。
高血圧の予防や改善に効果的な運動は、運動時に酸素をたくさん取り込む有酸素運動です。ウォーキングや、軽いランニング、サイクリング、水泳や水中歩行などが勧められます。息がはずむ軽度の運動で、無理をしないで、1日30分くらい毎日継続することが理想です。

3.その他

体重コントロール:肥満は、血圧を上昇させます。適切な体重を維持することが重要です。
アルコールを控える:過度の飲酒は、血圧を上昇させます。男性なら、純アルコールで1日当たり20-30g、女性はその半分を心掛けましょう。

純アルコール(g)=アルコール度数(%) × 飲酒量 (ml) ÷ 100
例:ビール中瓶1本なら、5% × 500 ml ÷ 100 = 25g となり、適量です。

ストレス解消:ストレスを感じると血圧は一時的に上昇します。
十分な睡眠:睡眠不足も血圧を上昇させます。血圧を上げないように、心と体を休めるようにしてください。
禁煙:喫煙には、血管を収縮させて血圧を上げる作用があります。喫煙で動脈硬化も進むため禁煙を心掛けてください。

4.薬物療法

高血圧の治療には、食事療法や運動療法などの生活習慣の改善が必要なことはいうまでもありませんが、それだけは十分な改善がないことも多いため、併せて薬で血圧を下げる必要があります。血圧を下げる薬のことを、降圧薬といいます。

降圧薬には、様々な作用のものがあり、患者様のタイプによって使い分けます。また、一剤だけでは改善しないこともあり、複数の薬剤を併用することもあります。よく使われる薬の組み合わせには、異なる2種類の薬が1つの錠剤となった配合剤もあります。
良く使用される降圧薬には、表のような種類のものがあります。

  作用 心不全 心肥大 頻脈 狭心症 腎臓病 糖尿病 脳卒中
Ca拮抗薬 (CCB) 血管を広げる        
アンジオテンシン
受容体拮抗薬(ARB)
血管を広げる    
利尿薬 塩分を尿中へ
出させる
         
ベータ遮断薬 心臓からの血液の拍出を下げる